2016年02月21日

2月21日 古地図散歩に行こう!江戸城外堀4

江戸時代の古地図を見ながら歩くと普通の町の面白さが見えてくる歩き旅応援舎の「古地図散歩に行こう!」、2月21日は「江戸城外堀4」コースを歩いてきました。

江戸城外堀の跡を4回に分けてあるく外堀シリーズ、4回目の今回は四ッ谷駅から水道橋駅まで歩きます。

まずは集合地点の四ッ谷駅、ここは外堀に設けられていた四ッ谷門の跡にあたります。

Image1.jpg

用地買収が不要な外堀の中に鉄道が敷かれたとき、門の跡地ならば橋があってお堀のどちら側にも行けることから、門の跡に駅が築かれたのです。

IMG_4725.JPG


現在も駅前に大きな石垣が残っているほか、ところどころに石垣の石や地中から石垣の一部が露出しています。

IMG_4726.JPG


IMG_4728.JPG


四ッ谷駅の北側の外堀は、昭和の初めころの鉄道複々線化(現在の中央線と総武線に分ける工事)の折りに埋め立てられてしまいました。

Image2.jpg


現在は外濠公園になっています。

IMG_4732.JPG


外濠公園を歩いて抜けると、もく市ヶ谷駅が見えてきます。電車に乗ると遠く感じる四ッ谷駅と市ヶ谷駅ですが、実はすぐ近くなのです。

IMG_4736.JPG


市ヶ谷門の跡は、門そのものの石垣は撤去されてしまったので跡形も残っていません。

Image3.jpg


しかし門の前の堀にあった橋台(橋を架けるために堀の両側からせり出させた部分)の石垣は今も残っています。

IMG_4738.JPG


市ヶ谷から飯田橋にかけての外堀は、江戸時代以前からあった谷間を利用して作られています。そのため外堀の西側には高台が続いているのですが、外堀沿いに歩いていくと名前が付けられ物語が残されたそれらの坂道が次々と現れます。

IMG_4742.JPG


IMG_4755.JPG


IMG_4762.JPG


飯田橋の駅前までやってきました。飯田橋駅の前には、江戸時代には牛込門がありました。

Image4.jpg


この牛込門の石垣の一部が、今も駅前に残されています。

IMG_4767.JPG


門の石垣ばかりではなく、橋台の石垣もちゃんと残っています。

IMG_4765.JPG


飯田橋駅の北側まで行ったら、ここでちょっと寄り道。小石川後楽園へと向かいます。

この小石川後楽園、現在は都の公園ですが、もともとは外堀の北側にあった水戸徳川家の屋敷内の庭園でした。

Image5.jpg


この小石川後楽園の塀の下部にある石垣は、東京駅の南側から発掘された外堀の石垣の石が使われています。

IMG_4776.JPG


刻印もボロボロ刻んであります。

水戸徳川家の屋敷の前にあった小石川門の旧地には、現在橋が架けられています。

IMG_4778.JPG


この橋の向こう側に門があったわけですが、その門の跡地にはJR中央線の鉄橋が架けられています。

IMG_4781.JPG


この鉄橋、実は明治37年(1904)に鉄道が敷かれた当時のもの。なんと114年も使われ続け、今も現役なのです。

そしてこの鉄道の通っている場所こそが、外堀の土塁の上なのです。高い場所にある水道橋駅も、もちろん土塁の上に作られた駅です。

この水道橋駅の前にある三崎稲荷神社で、今回の古地図散歩は終了となります。

IMG_4784.JPG


この三崎稲荷神社、神田川を外堀化する工事を担当した仙台藩主伊達綱宗が工事の成功を祈願したといわれております。

江戸時代の古地図にもこのとおり、

Image6.jpg


ちゃんと載っている神社です。


歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。このブログに書いたことよりも、さらにたくさんのお話をしていますので、「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、ぜひ歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。多くの方たちのご参加をお待ちしております。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ 転載禁止






posted by 歩き旅応援舎 at 16:30| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月21日 古地図散歩に行こう!虎ノ門〜大手町

江戸時代の古地図を見ながら東京を歩けば、江戸、明治、大正をへて現在にいたった町のルーツが見えてくる歩き旅応援舎主催の町あるきイベント「古地図散歩に行こう!」、2月21日は「虎ノ門〜大手町」コースを歩いてきました。

虎ノ門という地名は江戸城外堀にあった虎ノ門から来ています。門があった場所は虎ノ門交差点ではなくて、実は霞が関3丁目交差点。

その虎ノ門を描いた浮世絵がこれです。

どんどん.gif


門ではなく、門からつづく堀と石垣が描かれたものです。この絵の左下を見ると鳥居が描かれています。これは金刀比羅宮の鳥居で、現在も絵に描かれたものが残っています。

IMG_4634.JPG


本来金刀比羅宮は船の安全の神さまですが、ここには禁酒の御利益もあるということです。

もともとは讃岐丸亀藩京極家の屋敷内にあった神社でした。江戸時代の後期には庶民にも開放されていたそうです。

Image1.jpg


この虎ノ門の跡地から北側が霞が関です。現在は官庁街として知られる霞が関ですが、江戸時代には松平安藝守(広島藩浅野家)と松平美濃守(福岡藩黒田家)それぞれの屋敷の間の坂道の名前でした。

Image2.jpg


坂道の現在の様子はこのようなものですが

IMG_4641.JPG


江戸時代には坂の下に海が見える眺望の地、江戸の名所の一つでした。

Image4.jpg


官庁街の東側には日比谷公園があります。

IMG_4643.JPG


この日比谷公園は明治時代中期に11年をかけて建造された洋式公園です。その用地は江戸時代に大名屋敷が並んでいた場所が使われました。

Image5.jpg
赤で囲ってあるところが現在の日比谷公園


この日比谷公園、実は江戸の遺物がいっぱいです。

たとえば日比谷公園の門。これは江戸城外堀の門の石垣の石を再利用して造られています。

IMG_4644.JPG


門柱の側面には元になった門の名前が刻まれています。

そして公園内にゴロゴロしている庭石の多くも、江戸城の門の石垣石なのです。

IMG_4649.JPG


石垣石の特徴の1つである矢穴(石を切り出すために開けた穴)もくっきりと残っています。

その他にも江戸城内にあった石製の井戸枠なども置かれています。

日比谷公園を出て西に進むと煉瓦造りの建築物が見えてきます。

IMG_4692.JPG


これは旧司法省の建物です。明治28年(1895)に建てられ、戦災からの修復工事をへて国の重要文化財に指定されています。

旧司法省の前にある桜田門から、江戸城の内堀の内側に入っていきます。

Image6.jpg


田舎からおっかさんが出てきたら連れて行く義務のある二重橋は、江戸時代には二ノ丸の大手門(正門)だった場所です。

IMG_4700.JPG


現在は堀の石垣の修復工事のために見にくくなっています。

和田倉門は、今でも江戸城の門の中で唯一枡形の石垣が完全に残っている門です。

Image7.jpg


今でもぐるりと四角いめぐった石垣を見ることができます。

IMG_4716.JPG


そして江戸城の正門であった大手門。

IMG_4719.JPG


この大手門の前にあるから「大手町」なのです。ちなみに江戸時代末期には大手門の前には幕府の洋式歩兵部隊の屯所がありました。

Image9.jpg


そして今回最後に訪れたのが、これも大手門前だった酒井家の屋敷内にあったという平将門の首塚です。

Image10.jpg


言わずと知れた東京で一番のオカルトスポットです。

祟り伝説で有名ですが、これも平将門が朝廷と公家たちの搾取に対して反旗を翻した英雄として、関東の民人たちに慕われてきたがゆえという話をいたしました。

IMG_4723.JPG


現在は塚はなく、関東大震災や第二次大戦の空襲被害をへて、その後に残された灯籠と復元された石碑が置かれています。

今回の古地図散歩は、平将門の首塚から大手町駅まで歩いて終了となりました。


歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。このブログに書いたことよりも、さらにたくさんのお話をしていますので、「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、ぜひ歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。多くの方たちのご参加をお待ちしております。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図(C)こちずライブラリ 転載禁止


posted by 歩き旅応援舎 at 12:00| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

1月31日 古地図散歩に行こう!赤坂見附〜牛込見附

江戸時代の古地図を見ながら歩くと東京の町のルーツが見えてくる歩き旅応援舎の「古地図散歩に行こう!」、1月31日は「赤坂見附〜牛込見附」コースを歩いてきました。

まずは「見附」とはなんぞや?という話ですが、これは江戸城の城門のことです。

門の上にある櫓から敵を見付けるので、門のことを「見附」と称するようになったとか。「赤坂見附」も「牛込見附」も江戸城外堀にあった城門のことで、「赤坂門」「牛込門」とも言い換えることができます。

今回のコースでは、この2つの門に加えて内堀にあった清水門も訪れます。

永田町駅に集合し、まずは駅の真上にある赤坂見附跡へ。

Image1.jpg


今も立派な門の石垣の一部が残っています。

IMG_4040.JPG


赤坂門は慶長13年(1636)に黒田家によって造られ、明治時代に櫓、石垣の順に取り壊されました。現在は石垣の一部しか残っていませんが、平成元年から始まった発掘調査では、地中に埋もれた石垣が発見されています。

この赤坂門の内側には、紀伊徳川家の屋敷がありました。

Image10.jpg


現在はその一部が清水谷公園となり、公園前の道で暗殺された大久保利通の碑が建てられています。

IMG_4046.JPG


ここから坂道を上って甲州街道に出ます。甲州街道を渡ると、そこは番町です。

Image4.jpg


番町は徳川家康が江戸にやってきたとき、家康の親衛隊である大番組が屋敷をもらったところです。そのため江戸時代には旗本屋敷がびっしりと並んでいました。

IMG_4050.JPG


現在の番町も当時の道がそのまま使われています。

道を進んでイギリス大使館の横を通って千鳥ヶ淵へ。

IMG_4056.JPG


現在千鳥ヶ淵を横断している道路は、明治33年にできた代官町通りです。江戸城の内堀の一部である千鳥ヶ淵の内側に、江戸時代初期に幕府の奉行(代官)の屋敷あったことからこの名が付けられました。

Image5.jpg


江戸の古地図にも代官町の名があります。

ここからは内堀沿いの土塁の上を歩きます。

IMG_4060.JPG


土塁は堀を越えてきた敵が城内に入れないように築くもので、千鳥ヶ淵付近の土塁には今も石垣が残っています。

この土塁の上を歩いていくと、前方にレトロな煉瓦建築が!

IMG_4068.JPG


これは国立近代美術館工芸館。昭和20年までは近衛師団司令部の庁舎でした。

同年8月15日の前夜、玉音盤を奪おうと近衛兵の一部が決起した事件の舞台となったところでもあります。

ここは江戸時代には江戸城北の丸があったところです。

Image6.jpg


北の丸には田安門と清水門があり、将軍の「家族」という扱いを受けていた田安家と清水家の屋敷がありました。

明治時代になると、この北の丸全体が近衛師団の兵営となり、司令部、近衛歩兵第1・第2連隊が置かれていたのです。

それが昭和20年の敗戦によって近衛師団は廃止され、現在の公園へと生まれ変わったのです。

今は公園内に近衛歩兵連隊の碑があるのみとなっています。

IMG_4079.JPG


北の丸の門の一つであった清水門を通って、公園から出ます。

IMG_4082.JPG


清水門は江戸城の城門の中でも古い様式で石垣が積まれています。切石を積み上げるのではなく、割った石の平らな面を表にして、その隙間に小さな石が詰め込まれています。この石垣の積み方を「打ち込みはぎ」といいます。

IMG_4085.JPG


石を割るために開けた穴の跡「矢穴」や

IMG_4086.JPG


石垣を組んだ大名のものと思われる刻印が多数残されています。

清水門を出たら歩いて九段下へ。九段下とは九段坂の下という意味。その1本隣にある中坂には、江戸時代に地図には「田安イナリ」と描かれています。

Image7.jpg


「田安イナリ」は現在の筑土神社にあたります。正確にいうと、田安稲荷があった場所に昭和29年(1954)に筑土神社が引っ越してきたのです。

IMG_4093.JPG


筑土神社は平将門を祀る神社です。平将門の首桶が御神体だったそうなのですが、第二次大戦の空襲によって、この首桶は社殿とともに焼けてしまったそうです。

さて、最後は飯田橋駅前にある牛込見附の跡へ。ここにも立派な石垣が道路の両側に残っています。

Image9.jpg


ところで残っている石垣は、駅前に四角く盛り上がった部分だけではありません。

IMG_4102.JPG


みんななにやら下をのぞき込んでいますね。そこには・・・

IMG_4103.JPG


牛込門へと至る道の石垣が今も残されているのです。


歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。このブログに書いたことよりも、さらにたくさんのお話をしていますので、「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、ぜひ歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。多くの方たちのご参加をお待ちしております。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ 転載禁止


posted by 歩き旅応援舎 at 16:30| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。