2015年04月30日

4月30日 古地図散歩に行こう!目黒〜白金台

江戸時代の古地図を見ながら散策すれば東京のルーツが見えてくる歩き旅応援舎の「古地図散歩に行こう!」、ゴールデンウィーク連休谷間の4月30日は「目黒〜白金台」コースを歩いてきました。

Image1.jpg


尾張屋板江戸切絵図の一番端っこに描かれている目黒不動、ここは信仰の場であると同時に江戸の庶民の行楽地でもありました。

IMG_0102.JPG


目黒にある寺院群の中心的存在である目黒不動瀧泉寺は、平安時代に慈覚大師円仁が建てたと伝わる古刹です。慈覚大師は延暦寺3世座主で、若いころに仏教の理想の地を求めて関東から東北地方を旅して、行く先々でお寺を建てた人です。

境内に見どころは多いのですが、本堂裏にある大日如来の大仏は江戸時代の江戸のガイドブック「江戸名所図会」にも描かれているものです。

IMG_0105.JPG


また、墓地には江戸時代中期にサツマイモの栽培に成功して飢饉の農村を救うきっかけをつくった青木昆陽の墓もあります。

IMG_0106.JPG


目黒の寺院群の中では五百羅漢寺も有名ですが、実はこのお寺は明治時代に本所から引っ越してきたものでした。目黒不動の近くにある成就院は蛸薬師とも呼ばれているお寺です。

Image2.jpg


ここは関東・東北の旅を終えた慈覚大師が、唐に留学しようと公開中、荒れる海を鎮めるために海に投げ込んだ薬師如来像が、後に蛸が頭に載せて泳いでいるのを猟師が見つけ、その薬師如来像を安置したお寺です。現在秘仏のその薬師如来像は、蛸の形をした台座の上に載せられています。

IMG_0108.JPG


目黒の寺院群から太鼓橋を渡り、行人坂の方へと向かいます。途中には昔懐かしホウロウの看板を集めているお店もあります。

IMG_0111.JPG


行人坂の途中にある大圓寺は、江戸時代に江戸の町を焼き払った大火事である「目黒行人坂の火事」の火元となったお寺です。明暦の大火に次ぐ大火事となったこの火事は、住職に怨みをもつ大圓寺の僧がこの寺に火を放ったことが原因で起こりました。

Image3.jpg


放火犯の僧は死罪となりましたが、彼を捕らえたのが「鬼平犯科帳」で知られる長谷川平蔵宣以の父で、おなじく火付盗賊改めを務めていた長谷川平蔵宣雄でした。

大圓寺の境内には、この火事で死んだ人たちを供養する五百羅漢像があります。

IMG_0112.JPG


坂道を上りきったところが白金台です。戦国時代に白金を多量に保有していたことから白金長者と呼ばれていた豪族の屋敷があったことが、白金台の地名の由来です。ここでいう「白金」とは、プラチナのことではなくて銀のことです。

この白金台には池田山公園があります。

IMG_0114.JPG


池を中心とした回遊式公園で、今はツツジの花が盛りです。ここは備前岡山藩池田家の下屋敷の庭園の跡ですので、「池田山」の名があります。江戸切絵図には「松平内蔵頭」と書いてありますが、幕府は主だった大名には松平姓を与えていましたので、ここが池田家の屋敷跡なのです。

Image5.jpg


この日最後に訪れたのは、白金台にある増上寺下屋敷の跡です。ここは増上寺のお坊さんたちが隠居後に住んだお寺があった場所です。江戸時代の地図には6つのお寺しか描かれていませんが、本当は8ヶ所のお寺がありました。

Image4.jpg


その寺院も時のうつろいとともに廃寺になったり合併されたり、別の寺が入ってきたりで、現在は9ヶ寺が増上寺下屋敷の跡にはあります。

けっこう個性的なお寺が多く、例えば常光寺には福沢諭吉の埋葬地があります。

IMG_0116.JPG


「墓」ではなく「埋葬地」という理由は、福沢諭吉は死後にここに埋葬されたものの、昭和52年に麻布の善福寺に改葬されているからです。現在境内には慶應義塾大学が建てた碑があります。

隆崇院の本堂には、日本画家伊東深水の描いた天井画があります。

IMG_0117.JPG


伊東深水と聞いてもピンと来ない人は、女優の朝丘雪路のお父さんであると覚えてください。朝丘雪路と聞いてもピンと来ない人は、申し訳ありませんがググっていただけるとありがたいです。

この日の古地図散歩は、増上寺下屋敷跡から白金台駅まで歩いて終了となりました。

今回のコース
不動前駅→目黒不動→青木昆陽の墓→海福寺→五百羅漢寺→蛸薬師→岩屋弁天→太鼓橋→行人坂→大圓寺→妙圓寺→池田山公園 →常光寺→清岸寺→白金台駅

歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ


posted by 歩き旅応援舎 at 12:00| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

4月29日 古地図散歩に行こう!小石川・大塚

江戸時代の古地図を見ながら東京の町を散策すれば、普通の町に隠れていた魅力を発見する歩き旅応援舎の「古地図散歩に行こう!」、4月29日は「小石川・大塚」コースを歩いてきました。

このコースは茗荷谷駅から護国寺駅まで歩きます。直線距離にすると1kmに満たないのですが、この2つの駅の周囲の狭い範囲には江戸時代の文化財など見るべきところが密集しているのです!

まずは現在茗荷谷駅がある場所の近くに、「極楽水」と書かれている場所があります。

Image1.jpg


かつて「極楽水」があった宗慶寺は、今でも同じ場所にあります。ただし寺域はかなり小さくなっているようです。

IMG_0086.JPG


この宗慶寺は徳川家康の側室だった茶阿の局の墓所でもあります。本堂の階段脇にその墓石があるのですが、工事中ですので現在は階段上からしか見ることができません。

IMG_0085.JPG


さて、極楽水ですが、その名からしてわかるくらいの名水でした。現在も極楽水は宗慶寺近くのマンション敷地内(公開空地)にあるのですが・・・

IMG_0084.JPG


水がない?!


残念ながら、「極楽」とまでいわれていた泉は、現在は涸れてしまっていたのでした。

この宗慶寺の北側には、小石川植物園があります。ここは江戸時代に幕府の御薬園だったところを拡張したものです。この植物園の隣にある簸川神社は、江戸時代からあった神社です。

Image2.jpg


この神社には長い階段があります。「合格階段」というそうです。

IMG_0089.JPG


なぜこの階段が合格階段なのか?それは行ってのお楽しみです。

この近くには大きな大名屋敷がありました。水戸徳川家の分家にあたる陸奥守山藩主の松平大学頭家の屋敷です。2万石の小さな大名でしたが、水戸家の親戚ということで大きな屋敷を構えていました。

Image5.jpg


この屋敷の庭園は「占春園」と呼ばれる名園だったそうです。その名園の現在の姿はというと・・・

IMG_0092.JPG


密 林 !


とても東京都内とは思えないほど密林化していたのでした。この松平大学頭家の屋敷跡は、現在教育の森公園と筑波大学になっています。

この付近は大名屋敷が多かったこともあり、庭園はのこっていなくても敷地の跡が学校や公園に鳴っているところが多いのです。

さて、少し歩いたところには護国寺があります。

Image3.jpg


5代将軍の徳川綱吉が建立したお寺です。今も建立からほどないころの元禄時代の本堂が残り、国の重要文化財に指定されています。

IMG_0096.JPG


その姿は明治時代の写真を見てもほとんど変わりません。

護国寺.jpg


本堂まえの階段だけが新しくなっていますが、その下には昔の階段も残されています。

IMG_0095.JPG


護国寺には三条実美、大隈重信、山県有朋などの墓があり、有名人のお墓オンパレードなのですが、その中には意外な人物のお墓もあります。日本近代建築の父とも呼ばれているイギリス人建築家ジョサイア・コンドルです。

鹿鳴館やニコライ堂の設計をした人物として知られていますが、彼が日本に骨を埋める決意をし、日本人を妻として日本で生活し、日本で死んで日本に墓があることはあまり知られていません。

そのジョサイア・コンドルのお墓が護国寺にあるのです。

IMG_0097.JPG


ちょうど植木屋さんが来ていて周囲の樹木の剪定作業をしていましたので、木の枝に埋もれていました。妻のくめとともに葬られています。

護国寺を出たら、ちょっと不思議な場所に向かいます。

Image4.jpg


この地図に「鬼子母神出現井」と書かれているところがあります。雑司ヶ谷の鬼子母神は、この場所で土の中から発見されたのだそうです。土の中から発見されたとはどういうこと???ちょっと不思議な話です。

古地図には「井」の上に三角形のような印が書かれていますが、これは掘り出された鬼子母神を洗った三角形の井戸を表しています。

IMG_0099.JPG


井戸が三角形?とこれも不思議な気がしますが、その不思議な井戸は今も境内にあるのです。

この日最後に訪れたのは、上の古地図に「コシカケイナリ」と書かれている「腰掛稲荷神社」です。3代将軍の徳川家光が鷹狩りの途中で腰掛けて休憩したのが名の由来だそうです。

ここには、菊の花が咲いている石があります。

IMG_0100.JPG


自然にこのような模様ができたのだそうです。

今回の古地図散歩は、この菊の花の前から護国寺駅まで行ったところで終了となりました。

今回のコース
茗荷谷駅→竹早公園→石川啄木終焉地→極楽水→宗慶寺→小石川植物園前→簸川神社→占春園→波切不動→大塚公園→吹上稲荷神社→護国寺→腰掛稲荷神社→護国寺駅

歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ


posted by 歩き旅応援舎 at 12:00| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

4月19日 古地図散歩に行こう!江戸の水路跡 京橋銀座編

なんの変哲もない普通の町も、江戸の古地図を片手に「ここに昔何があったのか?」と思いながら歩くと、今まで知らなかった町の魅力を発見する歩き旅応援舎の「古地図散歩に行こう!」、4月19日の午後は中央区の京橋・銀座で「江戸の水路跡 京橋編」コースを歩いてきました。

江戸時代は縦横に水路が張りめぐらされた“水の都”だった江戸ですが、明治以降にそれらの水路は次々に埋め立てられて、ほとんどの水路は姿を消してしまいました。しかし、江戸時代の古地図を見ながら水路があった場所に行ってみると、その痕跡がけっこう残っているものなのです。

たとえば都市高速都心環状線の江戸橋ジャンクションから京橋ジャンクションの間は、江戸時代には楓川が流れていました。

Image1.jpg


江戸時代の地図には「上が北」というルールがないので、この地図は右が北になっています。現在は楓川の跡地には高速道路の高架が建設されています。

IMG_9303.JPG


この高架下をくぐる道路はかつて橋だった場所が多く、江戸時代の地図に「海賊橋」と描かれている場所も高架下を道路がくぐっています。

Image5.jpg


「海賊橋」という穏やかならぬ橋の名は、江戸時代の初期に橋のたもとに幕府水軍の司令官である御船手組頭の向井将監の屋敷があったことに由来します。昔は水軍のことを「海賊」ともいいましたからね。

向井将監の屋敷は後に稲荷橋の近くに引っ越しました。上の江戸時代の地図に「坂本町」と描かれているところが向井将監の屋敷の跡です。

でも、さすがに「海賊橋」のままでは聞こえが悪いということで、明治時代になり橋の名前は「海運橋」と変わりました。海運橋になった後の橋の一部がこの場所に残されています。

IMG_9304.JPG


この海賊橋の跡地ですが、一見すると橋の一部がある以外に川の痕跡はなくなってしまったかのように見えます。しかし、高速道路の高架下をよく見ると、今でも川だったころの護岸の石垣の一部が残っているのです。

IMG_9307.JPG


さて、上の江戸時代の地図には、海賊橋の近くに「天一位大原イナリ」と描かれています。この大原稲荷神社、実は今でもあるのです。

IMG_9310.JPG


境内はだいぶ狭くなっていますが、ビルとビルの間に今も残っています。しかも社殿の裏手にまわると・・・

IMG_9312.JPG


古びた百度石やキツネの石像も残っているのです。

この楓川跡の高速道路は、南に行くに従って高架から地面よりも下にさがっていきます。そのため高速道路上を跨ぐ橋には江戸時代の橋と同じ名前がついているところがいくつもあります。

こちらは松幡橋。松屋町と因幡町を結んでいることが名の由来です。

IMG_9316.JPG


一方こちらは弾正橋。江戸時代初期に島田弾正の屋敷があったことが名の由来ですが、江戸時代の弾正橋は現在の弾正橋よりも南側(江戸時代の地図では左側)にありました。

IMG_9318.JPG


次に訪ねたのが楓川の南端から東の隅田川方面に向かって流れていた八丁堀です。時代劇などでお馴染みの「八丁堀の旦那」という呼び名は、この八丁堀の北側に町奉行所の与力・同心の組屋敷があったことによります。

Image3.jpg


その八丁堀の跡は現在は下水道局の施設や公園になっています。下水道局のポンプ場の屋上も公園になっています。

IMG_9320.JPG


そして八丁堀の終着点に架かっていたのが稲荷橋。橋のたもとに鐵炮洲稲荷神社があったことが名の由来です。現在、稲荷神社はもう少し南側に移転しています。稲荷橋の近くには、海賊橋の名の由来となった向井将監の屋敷もありました。

Image7.jpg


その稲荷橋の跡には、今も「いなりばし」と書かれた橋の一部が残っています。

IMG_9321.JPG


八丁堀とは逆に内陸側に延びていたのが京橋川です。楓川と八丁堀の合流点と江戸城外堀を結んでいました。

Image2.jpg
この地図も北が右、西が上になっています。


この京橋川と東海道が交差する地点に架かっていた橋が京橋です。この橋の名前が地名や川の名前、現在では地下鉄の駅の名前にもなっているのです。

Image9.jpg


橋の跡地には明治時代と大正時代に架け替えられた橋の一部が残っています。

IMG_9325.JPG


IMG_9328.JPG


江戸時代の地図を見ると、京橋の東側(地図では下)には「竹川岸」、西側(地図では上)には「大根カシ」と描かれています。それぞれ竹と野菜の荷揚場があったのです。

竹河岸(地図では「竹川岸})の様子は歌川広重が浮世絵に描いています。

Image12.jpg


大根河岸では荷揚げされた野菜を売る青物市場がありました。関東大震災以降に築地に移転し、現在の築地市場になっています。この場所には「京橋大根河岸青物市場蹟」の碑が建っています。

IMG_9326.JPG


この古地図散歩で最後に訪れたのは、三十間堀の跡です。

Image10.jpg


今度の地図は現在と同じで北が上に描かれています。十字に水路が交差していた楓川、八丁堀、京橋との合流点から新橋に向かってつづいていました。

三十間堀の跡地は現在では銀座の中を突っ切る通りになっています。

IMG_9088.JPG


三十間堀の跡地の交差点の地下には、かつて銀座シネパトスという映画館がありました。

IMG_9095.JPG


老朽化によって一昨年閉鎖され、入口は現在取り壊され、工事用の柵の隙間から暗くなった地下道だけがかろうじて見られるだけとなりました。

IMG_9330.JPG


IMG_9331.JPG


私もかつてよく行った映画館だけに、これは寂しい限りです。

さて、この三十間堀から「出世」したといわれている「銀座出世地蔵」が銀座三越の屋上にあります。もともとは三十間堀のすぐ近くに祠があったのですが、区画整理にともなって三越の屋上に引っ越したのです。

IMG_9333.JPG


一番左の大きな石像にお参りしている人をよく見かけますが、本物の銀座出世地蔵は真ん中の小さな祠の中に安置されています。隙間からのぞいても、お地蔵さんの姿がはっきりしない小さな石仏です。

今回の古地図散歩は、この銀座出世地蔵で終了となりました。

今回のコース
日本橋駅→兜神社→楓川跡→海賊橋跡→大原稲荷神社→坂本町公園→越中橋跡→天祖神社→弾正橋→八丁堀跡→桜川公園→稲荷橋跡→鉄砲洲稲荷神社→三つ橋跡→京橋跡→三十間堀跡→銀座出世地蔵

歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ


posted by 歩き旅応援舎 at 19:14| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。