2015年07月19日

7月19日 夏のショートコース Cコース「四ツ谷〜市ヶ谷」

夏の間は通常の古地図散歩はお休みです。

そこで暑さのピークを避けて朝と夕方の1時間だけ歩くショートコースを、7月と8月には開催します。7月19日には「四ツ谷〜市ヶ谷」コースを歩いてきました。

まずは四ツ谷駅。

Image4.jpg


四ツ谷駅はもともと江戸城外堀の四ツ谷門の跡地に建設されました。中央線の前身の甲武鉄道は外堀の中に線路を敷き、門があった場所を駅としたのです。四ツ谷、市ヶ谷、飯田橋の駅は、すべて城門の跡地に建てられています。

ですから今も四ツ谷駅の麹町口を出ると、目の前に城門の石垣が残っています。

IMG_2143.JPG


ついでにこのトイレのある場所も、城門の跡地です。この写真の中に城門の石垣跡を示すものがあるのですが、さあ何でしょう???

IMG_2142.JPG


現在の麹町は千代田区内にしかありませんが、江戸時代の麹町は半蔵門の前から始まり、甲州街道沿いに1丁目から10丁目までが四ツ谷門内、つまり現在の千代田区内、11丁目から13丁目が四ツ谷門外、現在の新宿区内にありました。

四ツ谷門外の四谷一丁目遺跡では、現在第6次の発掘調査が行われています。

IMG_2145.JPG


この道の両側の工事現場が発掘現場で、江戸時代には麹町11丁目と四谷塩町1丁目があった場所です。

Image5.jpg


さて、この「麹町」、地名の由来には諸説あります。

1 その名のとおり、麹業者がたくさん住んでいたから麹町

2 甲州街道は府中にある国府(こう)に通じる路だから「国府路町」→「麹町」

3 小さな路地である小路が多かったから「小路町」→「麹町」

などです。

ところが、四谷一丁目遺跡の第六次発掘調査で、こんなものが発掘されたのです。

IMG_0481.JPG


江戸時代初期の麹室です。20個以上も発掘されました。つまり、江戸時代初期にはこの場所に麹業者がたくさん住んでいたのです。諸説あった「麹町」の由来が判明した可能性がある発見です。

四谷一丁目遺跡の前から細い道を通って外堀沿いに出ます。

IMG_2147.JPG


私には細い道があると入りたくなり習性がありますが、いかにも入りたくなる小路がたくさんある場所なのです。「小路」が多いから「麹町」、この説が出てきたのも納得できます。

外堀沿いに出たら、市ヶ谷へ。市ヶ谷駅近くの外堀沿いには、亀岡八幡宮があります。

Image3.jpg


IMG_2149.JPG


初期の「ブラタモリ」にも出てきた急階段の神社です。この付近では西側から丘陵が外堀沿いまで迫っており、丘陵上の神社への参道としてこのような急階段ができたのです。

市ヶ谷駅も外堀の城門の跡に造られた駅です。市ヶ谷駅前で外堀を横断している道路、実は江戸時代に造られた道を拡張して使われているのです。

多くの人たちが通るこの道ですが、ほとんどの人は江戸時代の道だと気づいていません。でも、道の側面を見てみると・・・

IMG_2153.JPG


蔦が生い茂っていてわかりにくいのですが、江戸時代前期である寛永13年(1636)に造られた城門前の道の石垣が、今も残っているのです。


今回のコース
四ツ谷駅→四ツ谷門跡→四ツ谷一丁目遺跡→高力坂→江戸城外堀→亀岡八幡宮→左内坂→市ヶ谷門跡→市ヶ谷駅(約1.7km)


歩き旅応援舎の夏のショートコースは、夏の朝と夕方の1時間、古地図を見ながらする軽い散策です。参加費も700円ですので、どうぞお気軽にご参加ください。



使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ


posted by 歩き旅応援舎 at 09:00| Comment(0) | 夏のショートコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

7月18日 夏のショートコース Bコース「大手町〜神田駅」

通常は3時間かけて約5kmを歩いている「古地図散歩に行こう!」ですが、暑さが厳しい7月と8月はお休みです。

そこで今年の夏は、朝(早朝散歩)と夕方(夕涼み散歩)の1時間に2km弱の短い距離を古地図を見ながら歩く「夏のショートコース」を開催しています。

7月18日は、夕涼み散歩でBコースの「大手町〜神田駅」を歩いてきました。

Image1.jpg


江戸城の大手門前にあるので大手町です。江戸時代には譜代大名の屋敷が並んでいましたが、現在はオフィスビル街になっています。

雨が降ったりやんだりのあいにくの天気でしたが、まずは将門首塚から。

IMG_2131.JPG


Image1.jpg


江戸時代の書物に「酒井雅楽頭家の屋敷内に平将門の首塚がある」という内容の記述があり、明治時代に酒井家の跡地が大蔵省になった後、大蔵省内の史跡を調査したところ、それらしき塚があったのでそれが現在の将門首塚となったのです。

将門首塚を出たら、神田橋へと向かいます。

Image2.jpg


IMG_2132.JPG


上の写真の道路左側のビルが一橋家屋敷跡、右側のビルが酒井左衛門尉家の屋敷跡です。正面に見える高速道路の下が神田橋です。

IMG_2133.JPG


現在日本橋側に架かっている神田橋は、もともとは江戸城外堀の門の一つ神田橋門前の橋でした。

ただし、現在の神田橋と神田橋門のあった場所は若干ずれています。神田橋門があった場所には、今も石垣の一部が残っています。

神田橋門から東側の外堀荷は、荷揚げ場がありました。これが鎌倉河岸です。

Image3.jpg


今も「物揚場跡」の碑があります。

IMG_2136.JPG


この鎌倉河岸跡を歩いていると、竜閑橋の交差点に出ます。鎌倉河岸付近と隅田川をつないでいた運河の入口に架けられていた橋が竜閑橋です。

「竜閑川」とも呼ばれていたこの運河は、戦後の戦災瓦礫処理のために埋め立てられてしまいました。その跡地は現在道路になっています。

IMG_2139.JPG


この川の近くには神田上水を築いた大久保主水の子孫の屋敷がありました。そのため「竜閑川」に架かる中ノ橋は主水橋とも呼ばれていました。

Image4.jpg


今回はこの「主水橋」の跡で左折して、目の前に見える神田駅まで歩いて終了となりました。見どころも多く、あっという間の1時間でした。


今回のコース
大手町駅→大手門→平将門首塚→神田橋→御宿稲荷神社→鎌倉河岸→竜閑橋・竜閑川跡→神田駅(約1.6km)

歩き旅応援舎の夏のショートコースは、夏の朝と夕方の1時間、古地図を見ながらする軽い散策です。参加費も700円ですので、どうぞお気軽にご参加ください。



使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ


posted by 歩き旅応援舎 at 17:00| Comment(0) | 夏のショートコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。