2015年11月23日

11月23日 古地図散歩に行こう!江戸城外堀5

江戸時代の町づくりの基礎となった江戸城外堀。ここを江戸時代の古地図を見ながら歩いて江戸の町から東京の町づくりへの移り変わりの痕跡を探す「古地図散歩に行こう!江戸城外堀シリーズ」、全5回の最終回にあたる今回は水道橋駅前から外堀の終点である隅田川合流部の柳橋まで歩きます。

東都名所御茶ノ水.jpg
国立国会図書館デジタルコレクションより


「水道橋」は水道橋駅の東側で神田川にかかっている橋です。その名の由来は神田上水の樋が、この橋の少し下流に架けられていたことです。

Image1.jpg


神田上水の樋は現在はありませんが、その場所には碑が建てられています。

水道橋の下を流れる神田川、ここは徳川家康が江戸にやってきたときに水害対策として人工的に造られた川であると同時に、江戸城の北辺を守るための外堀として機能していました。

IMG_1082.JPG


水道橋駅から神田川(外堀)沿いに東へ向かうと、次の駅は御茶ノ水駅です。

御茶ノ水駅の南側は、江戸時代には駿河台と呼ばれ、多くの武家屋敷がひしめき合っていた場所でした。

Image3.jpg


この「駿河台」という地名の由来は、晩年の徳川家康に従って駿府にいた側近たちが、家康の死後江戸に戻ってきて住んだ場所だからだといわれています。

その側近たちの中には、大久保彦左衛門のような有名人もいたようです。

IMG_1095.JPG


ところでこの駿河台の一角に、「太田姫稲荷」と描かれた場所があります。

Image4.jpg


ここはもともと太田姫稲荷神社があった場所です。太田道灌がその娘の疱瘡が治ったことで建てた神社だといわれています。

現在の太田姫稲荷神社は駿河台を下ったところにあります。

IMG_1097.JPG


これは総武線の敷設工事に伴って、それまで神社があった外堀の土塁が削られることになったために、現在の場所へと移転してきたからです。

さて、御茶ノ水駅の北側には神田明神があります。「江戸の総鎮守」と呼ばれているとおり江戸時代からあった神社です。創建ははっきりしないのですが、奈良時代だとも平安時代中頃だともいわれています。

IMG_1120.JPG


江戸時代の初期に現在の場所に移転しました。永田町にある山王日枝神社と並んで「江戸の総鎮守」とされ、祭の時には祭列が江戸城内に入ることを許されていました。

もちろん江戸時代の古地図にも大きく描かれています。

Image5.jpg


あまり知られていませんが、神田明神の境内には明治時代に神田川に架けられた万世橋の欄干の一部が置かれています。

IMG_1127.JPG


万世橋は、江戸城外堀の筋違門があった東側に架けられました。筋違門は将軍が寛永寺に行くときに通った門です。

Image6.jpg


その内側は火除地として「八ツ小路」と呼ばれる広場になっていました。明治45年にこの場所に駅が開業しました。これが万世橋駅です。

IMG_1134.JPG


神田川(外堀)沿いに建っている煉瓦造りの建造物が万世橋駅の跡です。

万世橋駅は昭和18年に廃止され、その跡地はその後交通博物館になったりしていましたが、平成25年に商業施設 mAAch ecute(マーチエキュート)となりました。

そのため今では、明治時代に造られた階段を使ってホームがあった場所まで行くこともできます。

IMG_1138.JPG


この万世橋駅の跡の東側には、神田明神にかつての橋の一部があった万世橋があります。

IMG_1144.JPG


だいぶ薄暗くなってきました。この時期は陽が暮れるのが1年でもっとも早いのです。

隅田川が近くなってくると、船宿が増えてきます。泊められた屋形船も、ライトアップしています。

IMG_1155.JPG


やがてこちらもライトアップされた柳橋が見えてきました。

IMG_1158.JPG


外堀の一部でもあった神田川は、最後の城門である浅草橋を過ぎた先で隅田川に合流します。この合流地点には柳橋が架けられています。

Image7.jpg


古地図散歩の江戸城外堀シリーズは全5回、その最終地点が柳橋です。

柳橋の上からは、隅田川と両国橋の景色がよく見えます。

IMG_1159.JPG


江戸城外堀シリーズは、年末などに特集企画として開催しているほか、月に2回くらいずつの割合で開催しています。

古地図を見ながらの江戸城外堀の一周、江戸の町の基本がよくわかる「古地図散歩に行こう!江戸城外堀」シリーズ、今後の開催予定とお申し込みは歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

今回のコース
水道橋駅→上水樋の碑→大砲鋳場跡→御茶ノ水の碑→大久保彦左衛門屋敷跡→小栗上野介屋敷跡 →太田姫稲荷神社→湯島聖堂→神田神社→筋違見附跡→万世橋駅跡→柳森神社→関東郡代屋敷跡→浅草見附跡→柳橋


歩き旅応援舎の古地図散歩は、週末を中心に開催しています。このブログに書いたことよりも、さらにたくさんのお話をしていますので、「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、ぜひ歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。多くの方たちのご参加をお待ちしております。

使用古地図:人文社復刻版江戸切絵図コピーライトマークこちずライブラリ 転載禁止




posted by 歩き旅応援舎 at 16:30| Comment(0) | 古地図散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。